<厳選>お墓を探すならココから探す道標.com

霊園を東京で選ぶ時に気をつけるポイント

トップ > 霊園について > 霊園を東京で選ぶ時に気をつけるポイント

霊園を東京で選ぶ時に気をつけるポイント

人は誰もが必ず最後の時を迎えることになり、その際には霊園も必要となってきます。
東京にも数多くの霊園が存在しており、いざ一つを選ぶとなればどれが良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。選ぶ際には、必要となる費用の違いで判断してしまいがちですが、金銭面の違いだけで判断するべきではありません。立地条件や管理体制、サービス内容にも必ず違いはあります。立地条件の良いところを選んでおかないと、その後足を運ぶことが手間になってしまい足が遠のくことにもなりかねません。選ぶ際には信頼できるところにするというのは当然のことであり、その上で金銭面の比較をしなくてはなりません。
複数から見積もりを取ることである程度の相場を知ることができるので、失敗することもなくなります。必ず複数から見積もりを取っておくようにしましょう。


格安の霊園を東京都内で探す方法

東京都内にある霊園の数は、とにかく多いです。各々の所で、かかる費用が異なってきます。そこで、できるだけ格安の霊園を探したいのであれば、東京都内を対象とした霊園の比較サイトを活用することであります。そうすれば、時間と手間をかけずにすぐに探すことができます。また、料金だけでなく、サービスや口コミを基にしたランキングもあったりしますので、とても役立つサイトになっています。お墓を所有するということは、それだけ維持費もかかってきますので、長期間維持をしていく上ではどうしても費用は気になる部分であります。ですから、前述で挙げた比較サイトを上手に活用して、維持費が気になる方はその費用が負担にならない所を探していくのが良いでしょう。
以上のように東京都内で格安の所を探していくには、こうした比較サイトはかなりオススメです。


霊園や墓地は東京23区にも沢山あります

東京には様々な霊園や墓地があります。これらの明確な違いはあるのでしょうか。
実は墓地には3つの種類があり、経営管理する法人と資格制限などによって民営、公営、そして寺院に分けられています。都立霊園などの場合は事業主体は東京都となっているのですが、管理運営は公益財団法人が行っており、この場合を指します。また民営の場合は宗教法人や財団、社団法人が経営をしています。 民営の霊園や墓地の場合は多くの場合が広い敷地を持っており、見た目は公園のように整備されています。運営主体が宗教法人であっても宗旨、宗派などは問わないことがほとんどです。
公営の場合は都道府県や市町村などが設けているので使用権は公募によって決まります。基本的にはその自治体に住んでいることが条件となり、親族に承継者がいることが条件となります。寺院の場合はその寺院の檀家になる必要があります。寺院の敷地内にあることが多く、管理面など安心することができます。

カテゴリー