<厳選>お墓を探すならココから探す道標.com

あまり知らないお墓の違いについて

トップ > 霊園について > あまり知らないお墓の違いについて

あまり知らないお墓の違いについて

 いざお墓を建てるとなると、どこに建てればよいのか迷うことがあります。一口にお墓と言っても、場所によって違いがあり、それを知って上で選ぶことが重要です。
 代表的なお墓の場所には、寺院、納骨堂、霊園があります。
 このサイトでは、それぞれにかかる費用や供養の仕方などに着目し、お勧め度合いによってランキング形式にしていますので、参考になさってください。


 寺院は最も利用されている墓地で、最も馴染みのあるものと言えます。初めて墓地を利用する人などは右も左も分からない状態のことが多いのですが、お寺の墓地であればお墓の形式が大体決まっている為、あまり迷うことはありません。
 費用は最も高くつきますが、安心して利用できるのがメリットです。しかし、普段からお世話になっているお寺の立地条件が悪いと、墓参りに行くのが大変になってしまうこともあります。
 費用の相場は、安くても200万円からで、大体300万円くらいかかります。お寺の敷地を利用するため、必然的に費用が高くなります。
 維持費は、お寺によってかなり異なります。高いもので年間2万円弱くらいですが、無料の寺院もあります。
 納骨堂は、納骨堂の中に遺骨を納める墓地です。先祖代々からのお墓がある人は、寺院を選ぶことが圧倒的に多いのですが、反対に、お墓を持っていない人は納骨堂を選ぶ人が多いです。
 屋外にお墓があると時々手入れに行かなければ汚れてしまいますが、納骨堂では従来のお墓の管理は必要ないのがメリットです。
 また、屋内に納骨されているので、悪天候であっても濡れながらお参りするようなことはなく、高齢の方や体の良くない方でもゆっくりと手を合わせることができます。
 費用は土地の代金が安く済むので、その分安価になります。また、屋内であることと管理がしやすいことから、遺族が頻繁に手入れに行かなくても、荒れ放題になってしまうことはありません。
 納骨堂は比較的新しいタイプの墓地なので、交通の便の良い場所にあることが多いのもメリットです。
 反対に、「やっぱり墓石が無いと」という人には、現代的過ぎるスタイルの墓地でもあります。費用は30年間で、高くても150万円程です。
 これには永代供養も含まれます。管理費などを抜いた初期費用は高くて120万円程、安い場合は50万円程です。
 「どうしても墓石が必要」という方には別料金で利用できますが、200万円程かかるので、こうなると墓石を買う場合と費用的には余り無くなります。


霊園は本来、どんな宗教の方でも利用できることが最大の特徴です。宗教上の理由から、納骨場所がなかなか決まらなかった方や、宗教にこだわらないという方に利用されています。
 ただし、特定の宗教法人が管理している場合は、その法人の宗教形式で利用することになります。
 交通の便の良い都会に多い納骨堂とは異なり、霊園は都会であっても少し外れにあることが多く、環境の良い場所にあることが多いです。
 心安らぐ自然環境の中で眠りたい、眠らせてあげたいと思う方に利用されています。屋外で墓石もあるので、納骨堂の雰囲気よりも従来の墓地のスタイルを希望する方にも広く選ばれています。
 霊園は公営の場合、利用費用が安くすむことが多く、相場は高くても170万円くらいですが、民間になると寺院墓地と同様の費用がかかります。
 更に、維持管理費が必要になります。また、民間管理の場合は経営状態を詳しく調べておくことも大切です。

カテゴリー